株式会社ニコンヘルスケアジャパン|Japan

Nikon

株式会社ニコンヘルスケアジャパン|Japan

株式会社ニコン

HISTORY

沿革

中央産業貿易会社として日本における眼科領域の医療機器販売代理業をスタートし、
90年を超える歴史を経てニコンヘルスケアジャパンの設立に至るまでの歩みをご紹介します。

1928
中央産業合資会社を設立
Rodenstock 社(ドイツ)の眼鏡レンズやレフラクトメータの輸入貿易を開始
1949
中央産業貿易株式会社を設立
1954
OCULUS 社(ドイツ)の代理権獲得
1957
医療器械の輸入を開始
1973
名古屋に医療器械部の出張所を開設
1981
レーザ機器の輸入販売開始(Ar./CO2)
1999
A.R.C. Laser社(ドイツ)の代理権獲得
2000
東京営業所を台東区に移転
2002
Vector Vision 社(アメリカ)の代理権獲得
2006
Optovue 社(アメリカ)の代理権獲得
2007
英国Optos plcの日本法人としてOptos株式会社を設立
2008
SONOMED 社(アメリカ)の代理権獲得
2011
Optos 社(イギリス)の代理権獲得
2014
福岡出張所開設
2015
英国Optos plcが株式会社ニコンの完全子会社となる
2017
Imagine Eyes社(フランス)の代理権獲得
2018
中央産業貿易株式会社とOptos株式会社が経営統合
株式会社ニコンヘルスケアジャパン発足
製品に関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-035-390

受付時間 9:00~17:45 (土日祝日・年末年始など当社休業日を除く)

ページトップに戻る